人生のすべてはその人がどう感じるかで決まります。

人生で下す決断は当人がどう感じるかに基づいています。

感情こそが全人生における唯一の原動力なのです。


私は競馬において否定的な感情で満ちていた現状を変えると決めました。

肯定的な感情で競馬を満たそうと。

嫉妬や嫉みではなく、喜びと感動で満たそうと。


気持ちを変えることは運命を変えることになるのです。


夢と目標は大切です。

だからこそ人はまず目標を明確にしようとします。

夢をはっきりさせようとします。

しかし、実はその前に行うことがあるのです。

それは人生で欲しいものを手にしている人、夢を叶えている人の多くがまず最初に行っています。

そのプロセスが確実にある、私は気付きました。

そのプロセスはその後の人生に新たな勢いと迫力をつけてくれるものになる、と。

それは…

まずどうなりたいか・何になりたいかの前に、

今の自分の生活・人生の中から

何を無くすか
何をやめるか
何を捨てるか
何を決して受け入れないか
何にはなりたくないのか
何に二度と満足しないか
何に二度と納得しないか

これを自分の中で決断し宣言するということでした。


私は立ち上がりました。

その場その場だけで先の見えていない勝負は二度としない。
的中自体に満足するだけの競馬は二度としない。

そして、勝ち負け関係なく勝負しているだけで満足感を得るようなちっぽけな自分に納得しない。

競馬からストレスを受けない。
ドキドキとワクワクでいっぱいになる競馬しかしない。

競馬で自分の人生を暗転させるようなことは決してしない。

二度とこの状況を受け入れまい。
二度と今と同じ状況に戻る事は決してない。

私は怒りに似た感情と共に叫び立ち上がったのです。

決断を下した私は新たな馬券と競馬を目指し歩みはじめました。
[←戻る]